自宅購入のデメリット

一戸建ては、おそらく一生自分のものなので、暮らしていく上でかなり気を遣います。特に子供が小さいうちは汚すので、大変です。賃貸なら自分の物ではないし、数年で住み替えることができるので、汚れても仕方ないと割り切って考えることができます。うちは主人が定年までずっと転勤することがない予定なので、家を建てるのが向いていたのですが、数年ごとに転勤がある仕事の人は賃貸で生活していくしかないです。私の家の隣にある賃貸アパートには、旦那さんが白髪まじりでかなり歳を取っているように見える人もいます。私が住んでいる所も、将来大地震が起こると言われています。そうした時にも、賃貸住宅ならば壊れてしまっても住み替えるだけで良いので、経済的です。私たちが住んでいる市でも津波が来るかもしれない場所は土地が全然売れないそうです。その土地に一戸建てを建てたり、土地を持っている人は悲惨です。一戸建ても、賃貸もメリットもデメリットもあるので、夫婦で話し合って考えていくと良いです。

アパート探しで、みておくこと

新しいアパートなどに引越して、新生活を始めるのはとても気持ちがよく、新しい生活において気持ちがひきしまります。しかし、せっかく引越ししたのに、そこが前住んでいたところより快適じゃなかったら、とても残念です。
ですので、よっぽど急でないかぎり、新居選びは慎重にしなくてはいけません。まず情報を集めなくてはいけません。ネットなどもよいですが、身近な人に直接聞くのがよいでしょう。両親なども家をいろいろみてきていますし、一人暮らしの友達も自らの体験を教えてくれるでしょう。
それから、引越し先の地域周辺に情報も仕入れましょう。地域によっては子育ての支援や若者向け支援などの優遇政策があるかもしれません。そしてそれから、ネットや不動産情報誌などで、住みたい家を探していきましょう。
住みたい家がみつかったら、不動産屋さんと一緒に家を見にいきましょう。ここで見るのは、間取りなどもそうでうが、壁の薄さや、周辺に学生が住んでないか調べましょう。あなたが社会人の場合学生は生活時間が違うので苦労します。そこに住んでいる人たちの年齢層、またファミリーか、それとも独身の一人暮らしが多いのか、または年配の方が多いのか若い方が多いのか、周りに住んでいらっしゃる方がどんな方たちなのか、これはとても気になる部分ですね。あとは、ゴミのマナーなどを見ておきましょう。ゴミが散乱してると異臭と虫などが発生しますので大変です。

Copyright ©All rights reserved.賃貸アパートに住むメリット.